田中法彦(菰野高)の高校時代の実績や実力は?球種や球速も!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する選手は、2018年ドラフト会議の候補生となっている菰野高校の田中法彦投手について紹介していこうと思っている。

 

この記事では、田中法彦投手の高校時代の成績や球種や球速について書いていくぜ

 

もう早いもので来月には春の甲子園が開幕する。

 

長い冬が終わりやっと野球のシーズンも開幕すると言うことだ。

 

2018年ドラフト候補の選手については別記事でも紹介しているのでそちらも併せて読んでくれたら嬉しい!

スポンサードリンク

田中法彦のプロフィールは?



名前    田中 法彦(たなか のりひこ) 

出身地   三重県川越町 

体重    78kg 

身長    173cm 

ポジション 投手 

投打    右投げ右打ち

 

菰野高校に進学すると新チームが発足した1年秋から背番号3でベンチ入りをしている。

 

背番号3と言えば、ファーストの背番号であるがファーストと投手を兼任していたそうだ。

 

では、次のテーマで高校時代の実力について紹介していくぜ!

スポンサードリンク



高校時代の実績や実力は?

1年の秋に三重県大会を準優勝して東海大会出場を果たす。

 

3番打者としてスタメン出場しており打率.476をマークしていた。

 

昨年夏の甲子園三重県大会予選は、3年ぶりとなるベスト4入りに貢献しているんだ。

 

投手と打者での活躍出来る選手と言うことだな。

 

3番打者を任されると言うことはかなりの長打力も持ち合わせていることだろう。

 

身長は、一般的な高校生の高さであるが体重が78キロもあるのでかなり筋力が付いていることが分かる。

 

このオフシーズンを終えてどれだけ成長しているのかとても楽しみだ!

スポンサードリンク



球種や球速も!


では、最後に球種や球速について紹介していこうと思う。

 

まずは、球速になるが自己最速は150キロとなる。

 

右腕の速球派投手と言えるだろう。

平均でも140キロ後半を出せるので今年の夏の予選でどこまで勝ち上がってくるのかとても見どころである

 

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です